地域経済・地域社会,  政治,  社会・政治・経済

リプロダクティブ・ヘルス/ライツの25年 ~『残された課題』と私たちにできること

世界の女性の命と健康を守るために活動している国際協力NGOジョイセフ(東京都新宿区・理事長:石井澄江)は、国連人口基金(UNFPA)とアジア人口・開発協会(APDA)と共催で、『世界人口白書』日本語抜粋版完成・ナイロビサミット開催記念イベントを開催いたします。

写真提供:国連人口基金写真提供:国連人口基金

2019年11月12日から14日までナイロビで開かれたナイロビサミット「ICPD(国際人口開発会議)+25」。テーマは『世界人口白書2019』同様に【残された課題】。日本からナイロビサミットに参加した方や、世界人口白書日本語版の監督者等をお招きし、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの25年と現在・未来、そして私たちにできることについて議論します。皆様のご参加、お待ち申し上げます。

 

 

写真提供:国連人口基金写真提供:国連人口基金

【イベント概要】
■日時:2019年12月18日(水)13:00-14:30(開場12:45)
■会場:参議院議員会館1階101会議室 (ロビーで通行証をお受け取りの上、お入り下さい)
         ・住所:東京都千代田区永田町2-1-1
■定員 100名(先着順・参加費無料)
■プログラム
– 開会の辞    増子 輝彦 参議院議員・国際人口問題議員懇談会副会長
– イントロダクション    佐藤 摩利子 UNFPA東京事務所長
– 『残された課題』とは。世界人口白書2019より  阿藤誠 国立社会保障・人口問題研究所名誉所長
–  パネル・ディスカッション:カイロからナイロビ、行動計画に見るリプロダクティブ・ヘルスとライツをいかに実現するか? 私たちのコミットメント。
黄川田 仁志 衆議院議員
高尾 美穂 産婦人科医
鷲見 学 外務省国際協力局国際保健政策室長
勝部 まゆみ ジョイセフ事務局長
ファシリテーター 佐藤 摩利子 UNFPA東京事務所長
–  閉会の辞    楠本 修 アジア人口・開発協会(APDA)事務局長

お申込みはこちら
https://www.joicfp.or.jp/jpn/2019/11/29/44372/