アート・デザイン,  社会・政治・経済

【松伯美術館】令和元年記念 上村松篁が描く「『万葉の世界展』~井上靖 著「額田女王」挿絵原画を楽しむ~」を開催

~歴史小説「額田(ぬかたの)女王(おおきみ)」の挿絵原画の全作品を一挙公開、入館先着100名様に記念グッズをプレゼントします~

 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年12月7日(土)から2020年2月2日(日)まで、新元号「令和」にちなみ【令和元年記念】として、展覧会「上村松篁が描く『万葉の世界 展』~井上靖著「額田(ぬかたの)女王(おおきみ)」挿絵原画を楽しむ~」を開催します。

 万葉の歌は、時を越えて歌い継がれ今日でも多くの人々に愛されています。人々の純粋で繊細な感情や自然と向きあう真摯な姿は、歌の中で生き生きと力強く、また優雅に表現されています。日本画家 上村松篁も、おおらかで心豊かな万葉の世界に憧れ、若い頃から万葉歌を愛読し、自らの絵の制作の糧としてきました。

 本展では、1968年1月から1969年3月にわたり「サンデー毎日」に連載された井上靖氏作の歴史小説「額田女王」に添えた松篁の挿絵原画 124点 全点を、物語を追いながら各場面で歌われる万葉歌とともに展示します。また松篁の描いた万葉の世界の集大成ともいえる超大作「万葉の春」や、万葉歌に歌われている鳥や花を描いた松篁・淳之の花鳥画もあわせてご覧頂きます。

 また、館長 上村淳之による「美術講演会」(2020年1月11日(土)14時~15時)を展示室内にて行います。

上村松篁 [額田女王]扉絵 「額田女王」

※先着100名様に記念グッズをプレゼント! 
「令和元年記念」として、ご入館先着100名様に当館のミュージアム・グッズを進呈します。

1. 名  称   ≪令和元年記念≫
        上村松篁が描く『万葉の世界 展』~井上靖 著「額田女王」

        挿絵原画を楽しむ~
2. 開催期間   2019年12月7日(土)~2020年2月2日(日)
3. 主   催   公益財団法人 松伯美術館
4. 会  場   松伯美術館
5. 休 館 日   月曜日(但し、1月13日(月・祝)は開館、1月14日(火)が

        休館。) 年末年始(12月23日(月)~1月3日(金)が休館。)
6. 開館時間   午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
7. 入 館 料   大人(高校生・大学生を含む):820円
        小学生・中学生:410円
         ※20名以上は団体割引1割引
         ※障がい者手帳のご提示によりご本人と同伴者1名まで2割引
8. 展示作品数  約50点(素描、下絵を含む)
9. 主な展示作品
  〇上村松篁 ・[額田女王] 挿絵原画、扉絵「額田女王」、扉絵「有間皇子」、

         扉絵「近江の海」 ほか
        ・「万葉の春」、「真鶴」、「春雪」、「蓮」 ほか
  〇上村松園 ・「春の旅」、「人形つかい」、「唐美人」 ほか
  〇上村淳之 ・「四季花鳥図(春・秋)」、「小千鳥」、「鴫(しぎ)」、

         「杜鵑(ほととぎす)」、「鳧(けり)」 ほか
         ※出品作品は、都合により変更する場合があります。

 ◇館長 上村淳之による『美術講演会』の開催 
    日 時:2020年1月11日(土) 14時~15時
    場 所:松伯美術館 展示室
    座 席:50席程度(立席での聴講も可) 
     ※座席に限りがございます。ご了承ください。
  その他:聴講無料(但し入館料が必要)
     ※事前の申込は不要です。

上村松篁「万葉の春」 近鉄グループホールディングス(株)蔵(松伯美術館 管理)