その他ライフスタイル,  ライフスタイル

塗料・コーティング剤市場は2021年から2028年までの期間に6.5%のCAGRで成長すると推定される

本レポートによると、世界の塗料・コーティング市場は、2021年から2028年の間に6.5%のCAGRで成長し、2028年には2,470億米ドルになると推定されています。この市場の成長は、建設産業の成長、工業生産の増加、経済状況の改善などの要因によってもたらされます。

塗料・コーティング業界は、世界経済のさまざまな分野で重要な役割を果たしています。塗料・コーティングは、いくつかの最終用途市場において、製品の保護や強化のための仕上げを提供するなどの利点があります。そのため、塗料・コーティング剤は、塗布された対象物を保護・保全するために必要な不可欠な製品となっています。

世界の塗料業界では、熱硬化性エマルジョン、コロイド分散液、水溶性コーティング、高固形分コーティング、2液システム、放射線硬化型コーティングなどの新しいコーティング技術の採用が進んでいます。市場に参入した新しい塗料・コーティングのコンセプトには、防食、低VOC、ナノコーティングなどがあります。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol589

対象となるセグメント

本レポートでは、世界、地域、国レベルでの収益予測を提供しています。また、予測期間中の主要な業界の推進要因、抑制要因、市場成長への影響についても包括的に取り上げています。調査の目的で、出版社は世界の塗料・コーティング剤市場をタイプ、技術、地域に基づいて分類しています。

塗料・コーティング剤の種類の見通し

建築・装飾用塗料
工業用塗料
特殊用途向け塗料

塗料・コーティング技術の展望

ウォーターボーン・コーティング
パウダーコーティング
溶剤系コーティング

地域別展望

北アメリカ
ヨーロッパ
アジア・パシフィック

ベンダーの展望

アクゾノーベルNV
PPG Industries Inc.
The Sherwin-Wiliams Company
BASF SE
日本ペイントホールディングス株式会社

対象となるお客様

塗料・コーティングメーカー
ケミカルサプライヤー
エンドユーザー(建築、工業など
リサーチ担当者
投資銀行
規制機関

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol589