テクノロジー,  ビューティ,  健康・ヘルスケア

コンテナサイズの建築ユニット「CUBE Minny」を利用した足ケアのミニショップのコンセプトモデルを開発。

コンテナサイズの建築ユニット「CUBE Minny」を利用した足ケアのミニショップのコンセプトモデルを開発。

 

 3次元足型計測機の製造会社である株式会社ドリーム・ジーピー(大阪市浪速区、代表取締役社長:荒山元秀)(以下、DGP)は、ちきゅうにやさしい株式会社の「CUBE Minny(キューブミニー)」を利用した「足型計測からフットケアや足に関するアイテムを扱うミニショップ」のコンセプトモデルを開発しました。

 

 ちきゅうにやさしい株式会社の「CUBE Minny」はコンテナサイズをベースにした建築ユニットであり、店舗や倉庫といった事業目的の利用だけでなく、居住や宿泊などの生活利用に関してもカバーしている。ちきゅうにやさしい株式会社では、20フィートサイズコンテナを利用した店舗などを企画していたが、コンテナが世界的な需要逼迫により入手難であることや、施工に関する自由度にも課題があったため、新たな建築ユニットとして、コンテナサイズの「CUBE Minny」の開発をおこなった。今後、販売協力店や施工対応企業などをネットワーク化し、全国展開を計画している。

 今回は、グループ会社であるDGPとのコラボレーションにより、「My Foot Station MINI(マイフットステーションミニ)」をコンセプトモデルとして開発し、義肢装具士などの専門職、新規事業を進めたい靴小売店に対して提案を行っていく。DGPは「マイフットステーション銀座店」で提供するサービスを、「CUBE Minny」に3次元足形計測機や足底圧計測システム「footscan」などを「My Foot Station MINI」に搭載し、コンテナサイズのスペースでも提供できるようにしている。インソール切削機も搭載すれば、接客からインソール設計および製作をワンストップで実現したという義肢装具士やインソールショップなどの施主の要望にもこたえることが出来る。DGPとして、事業再構築補助金やものづくり補助金を利用した新規事業を立ち上げたい企業を中心に需要を見込んでいる。

 

「CUBE Minny」2戸を組合せたタイプの「My Foot Station MINI」の外観

 

 

「My Foot Station MINI」の内観

 

「My Foot Station MINI」の配置図(接客スペース+作業スペース)

 

 マイフットステーションのコンテナハウスにおけるショップ運営の実証については、「マイフットステーション泉大津店」で確認済みとなっている。泉大津市では市が健康の街づくりを積極に進めており「あしゆびプロジェクト」という足からの健康を促進しようという施策があり、その一環で2020年7月から「マイフットステーション泉大津店」で市民へオーダーメイドインソールの提供を行っている。

【マイフットステーション泉大津店WEBサイト】

https://www.myfoot.jp/ozu/

 

 また、ちきゅうにやさしい株式会社は「My Foot Station MINI」に限らず、「CUBE Minny」を利用した宿泊施設やミニショップも企画を進めており、積極的に「CUBE Minny」の販路を拡げていく計画が進行している。更なる展開のため「CUBE Minny」を利用シーンを広くアイデアを募っており、アイデアの投稿に対して期間限定でクオカード500円を進呈している。

 

▼あったらいいな!楽しいな!「CUBE Minny」活用アイデア大募集!

「CUBE Minny」を活用した店舗、ビジネスモデルなど、こんな使い方なら面白いのではないかというご意見を広くアンケートを募っています。2021年12月25日(土)までの期間限定で、アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で100名様に、QUOカード500円分を進呈。※回答数により、期限期間の途中で終了する可能性がありますので、ご了承ください。

【アンケート回答はこちらから】  https://www.earth-friendly.jp/cubeminny/

 

【「CUBE Minny」WEBサイト】

https://www.earth-friendly.jp/cubeminny/

https://www.ipros.jp/catalog/detail/591751/ (イプロス掲載情報)

【「CUBE Minny」仕様】

「CUBE Minny」はコンテナタイプの建築ユニット。工場で生産するので、現場での施工は1日もあれば可能(基礎工事、配線工事、水廻り工事は除く)で、建築コストも安価で抑えることが出来ます。遮熱効果がある工法で生産されるので、夏は涼しく、冬は暖かな空間を作り出すことができ、施主のニーズに幅広く対応可能。

サイズ:4450mm×2200mm×(h)2300mm、床面積:9.79㎡

基本構造材:鉄骨造(木造も対応)

遮熱:遮熱シートを利用したヒートシールド工法(国際特許出願)による

サッシ:アルミ樹脂複合枠・ペア硝子

オゾン発生器(炭素濃度検知を兼ねる)標準装備

屋根・外壁:ガルバリウム鋼板貼り

エアコン、換気、照明、標準装備

※ 基礎工事、電気配線の引き込み工事、水廻り工事は別途工事

 

【ちきゅうにやさしい株式会社について】

株式会社マドック、株式会社ドリーム・ジーピー、の3社でグループ企業を構成。2006年、株式会社マドックが全国の優良専門工事業者によるネットワーク「ちきゅうにやさしい施工研究会LLP(事業責任組合)」(現会員26社)を設立、会は現在に至るまで幅広い活動を続けている。ここに集積された(特に地球環境や省エネに関連する)技術・サービスの普及を目的として、会員各社の出資により、2016年にちきゅうにやさしい株式会社が設立され、遮熱工法による省エネ工事の受注等、他、建設業専門工事業のプラットホームを形成すべく事業を推進中である。

 

【株式会社ドリーム・ジーピーについて】

 3次元足型計測機を核として、3次元足型データを元にしたオリジナルインソールの企画設計、その設計データを切削するためのインソール専用切削機の開発、ラスト(木型)のCAD設計サービス、足圧測定器の販売などの事業を展開している。

 クラウド上で足型のデータベース化をする「FOOTBANK」構想も進めており、足と靴のフィッティング専門店として「マイフットステーション銀座店」「マイフットステーション泉大津店」を開設し、お客様の声が直接聞ける場として、また、様々な新しい商品やサービスを発信する場と位置づけ展開している。

 

【企業概要】

社名:株式会社ドリーム・ジーピー

代表者:代表取締役 荒山元秀

設立:2006年9月

資本金:5175万円

事業内容:3次元足形計測機の製造販売

オリジナルインソールの企画

インソール切削機の製造販売

住所:〒556-0004 大阪府大阪市浪速区日本橋西1-3-19

TEL:06-7650-8911 FAX:06-6630-0199

会社案内ページURL: https://www.dreamgp.jp/

商品案内ページURL: https://myshoes.jp/

 

【この件に関するお問い合わせ先】

[会社名]株式会社ドリーム・ジーピー

[部署名]営業部

[担当者名]川合

[TEL]06-7650-8911

[Email]info@dreamgp.jp

 

令和3年10月31日