フード・グルメ

【コシヒカリが芯まで焼けた!?】これぞ「THE JAPANESE COFFEE」!地球のみんなに優しい飲む玄米。

黒焼き焙煎コシヒカリ玄米を、食べるのではなく『飲む』。香ばしくてノンカフェイン、日本のコーヒーはの大地にも人にも優しい。2021年、cafeに玄米コーヒーがスタンダードになる!?

株式会社FARM8は、黒焼き焙煎コシヒカリ玄米から作られたブレンドパウダー「COSHI BROWN」に無糖タイプと微糖タイプの2種類を発売しました。
https://farm8.jp/products/coshi-brown/

焙煎玄米を飲む習慣で体と大地を守る「COSHI-BROWN」
焙煎玄米を飲む習慣で体と大地を守る「COSHI-BROWN」
コーヒーはみんな大好き。

すっきりと香ばしい香りのあるコーヒーは、そのアロマが健康効果を証明し、ポリフェノールの抗酸化作用もあるとのことで、健康的な飲み物と言うイメージの方も多いのではないでしょうか。
また、今やカフェだけではなくコンビニでも、本格的なコーヒーを手に入れることができるようになり、日本は空前のコーヒーブームと言っても過言ではなさそうです。


コーヒーのような色と香りですが、焙煎したお米からできているドリンクです。
コーヒーのような色と香りですが、焙煎したお米からできているドリンクです。
コーヒーは大人気の飲み物となっていますが、「飲めない」「苦手」という方もいらっしゃいます。

例えば、
・妊娠中
・授乳中
・冷え症
・カフェイン不耐症
・苦い飲み物が苦手
・小さなお子様

これら多くの原因は『カフェイン』。
カフェインは多く摂りすぎると自律神経のバランスを崩し、血行不良となる可能性があるそうです。
妊娠中に避けた方が良いという理由は、肝機能が低下しているため体内にカフェインが停滞する時間が長くなるため。
利尿作用も高いので、何度も排尿することで体温が低下しやすくなるというのも理由のひとつ。
また、胃酸分泌を促進するため胃粘膜の損傷が進みやすいのだとか。
コーヒーを何杯も飲むと胃がもたれる、何となく胃が重たいと感じやすいのもカフェインが原因のようです。

カフェインが無く、体に良い、代替コーヒーがあったら、飲んでみたいと思いませんか。

COSHI BROWNは新潟のコシヒカリ玄米を、芯までしっかり黒焼き焙煎。
お湯に溶けやすいようにパウダー化し、更に飲みやすいようにライスミルクパウダーや食物繊維をブレンドしました。

お湯で溶かしたり、温かい豆乳を加えてソイラテ風もお勧めの飲み方です。


豆乳をいれてソイラテ風COSHI-BROWN
豆乳をいれてソイラテ風COSHI-BROWN
■黒焼き焙煎玄米とは
空気を遮断し、遠赤外線で真っ黒に焼いた玄米です。「こげ」とは違い、玄米本来の栄養素に加えて、新たなポリフェノールやミネラルが生まれます。
この黒焼き玄米は昔から「玄神」(げんしん)と呼ばれ、薬のような使われ方をしてきました。
栄養豊富であり、炭化した玄米は腸内壁に広がり、炭の吸着効果によって余分な油などを吸着して体外に排出するというデトックス効果も期待できるのです。

■玄米だからノンカフェイン
コーヒー豆ではないので、カフェインは含まれません。
小さなお子様でも、妊娠中でも、夜寝る前でもお飲みいただけます。
安心してどなたでも、どんな時でも飲めるのが最大のポイントです。

■パウダーだからお菓子作りにも
飲むだけではなく、粉に混ぜてお菓子やパン作りにも使えます。粉に対して3~5%程度混ぜて、香ばしい健康的なおやつ作りにも。


玄米からできた日本のドリンク COSHI-BROWN
玄米からできた日本のドリンク COSHI-BROWN
そしてCOSHI BROWNは「日本のコーヒー」として、世界中の人にも飲んで頂きたいと考えています。
オリンピックまでには、日本の様々なカフェで「日本のコーヒー」が飲めるようにしたい。
COSHI BROWNは、日本のカフェを応援すべく、業務用も企画中です。
先ずは、その美味しさをお試しください。
●開発・販売元
株式会社FARM8
新潟県長岡市来迎寺前田3662
代表取締役 樺沢敦