IT・ネットワーク,  コンピュータ

JIG-SAW、事業拡大に向けてSTマイクロエレクトロニクス社のSTM32マイコンを採用、IoTエンジンneqto: を搭載したneqto: Bridgeシリーズとしてグローバルに拡販

JIG-SAW株式会社(東京都千代田区、以下、JIG-SAW)は、組込みエッジプラットフォームであるneqto: Bridgeシリーズに、STマイクロエレクトロニクス社(本社スイス・ジュネーブ、以下、ST社)の32bitマイクロコントローラ「STM32」を採用し、IoTエンジンneqto: を搭載したneqto: Bridgeとしてグローバルに拡販していきます。

Bridgeシリーズのハードウェア・アーキテクチャには、自律自走型エンジンneqto: を組み込んだSTM32マイコンが搭載されています。LTE・セルラーLPWA・WiFiの複数通信エディションが用意されており、産業機器、オフィス機器、製造装置などを使ったあらゆるサービスへの実装が可能です。

今回発表されたSTM32ベースの組込みエッジプラットフォームは、スケーラブルな開発環境と共に、今夏を目途にリリースされる予定です。また、JIG-SAWは、ST社の「ST Partner Program」に参加しており、お客様に提供されるBridgeシリーズ導入に向けたサポートには、ST社との技術サポートも含まれる予定です。

エンドースメント:STマイクロエレクトロニクス マイクロコントローラ & デジタルICグループ バイスプレジデント アジア・パシフィック地区担当 Arnaud Julienne氏
「IoTの本格普及に伴い、リアルタイム処理性能の向上や通信帯域の効率的な利用のため、さまざまな情報を取得・処理するエッジ・コンピューティングの必要性が高まっています。当社の高性能かつ低消費電力のSTM32マイコンは、さまざまなエッジ・アプリケーションの頭脳として理想的です。我々は、JIG-SAW社と協力すると共に、neqto: Bridgeシリーズをサポートできることを大変嬉しく思います。」

neqto: について

neqto: は、JIG-SAWが開発したARM-Cortex-Mに対応した組込みソフトウェアを利用するためのソフトウェアライセンスです。世界中のあらゆるクラウドと機器をリアルタイムで双方向通信し、機器の遠隔操作を可能にすることができます。
neqto: Bridgeシリーズについて:
https://neqto.jig-saw.com/ja/product/hardware/bridge

JIG-SAW株式会社について

IoTデータコントロールサービス
独自アルゴリズムによる全自動IoT・クラウドデータ制御・センサーコネクトサービス
最先端チップ、モジュール開発及び各種通信制御、次世代リアルタイムOSの研究開発
※最適自動制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化、分散化、シェアリング化のためのA&Aサービスを展開。
※OS技術を軸としたソフトウェア技術と組み込み、超高速通信、信号制御を軸にしたハードウェア技術を保有及び基盤技術の再生医療分野等への応用。

会社概要

会社名 :JIG-SAW株式会社 https://www.jig-saw.com/
証券コード : 3914
所在地 : 東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号-18F
US/San Francisco, Santa Monica, San Jose
CA/Toronto
代表者 : 代表取締役 山川 真考
設立 : 2001年11月

JIG-SAW 株式会社(JIG-SAW INC.)
IRへのお問い合わせ
https://www.jig-saw.com/contact/