IT・ネットワーク,  コンピュータ,  ビジネス,  社会・政治・経済,  経営情報

デンバー国際空港とDaon、旅行者や職員への“コンタクトレス生体認証ソリューション”提供で提携―この提携により、アフターコロナの安心で健全な旅の基盤を構築―

バージニア州フェアファクス(2020年6月8日) – アイデンティティ管理と生体認証技術をグローバルに展開するDaon社と米国アリゾナ州デンバー国際空港(Denver International Airport, DEN)は本日、空港全域でコンタクトレス生体認証ソリューションを構築するための戦略的提携を結んだことを発表しました。本提携は、旅行者の安全性を高め、空港業務を合理化することにより、新型コロナウイルスによって揺らいだ旅行者の安心・信頼を回復することを目的としています。

全米で5番目に利用客の多いデンバー国際空港(新型コロナ流行前に撮影)

デンバー国際空港(DEN)は、新規会員・口座オンライン登録 eKYCとマルチモーダル・クロスチャンネル認証eAuthで実績のあるDaon社のIdentityX(R)プラットフォームを活用して、旅行者や職員のためのソリューションを開発し、空港の実際の環境でテストする幾つかのパイロットプログラムを計画しています。デンバー国際空港(DEN)の戦略的構想は、個人を特定するアイデンティティ主導の基礎技術によって、いかにタッチレスな認証を実現し、空港の中を移動する旅行者の物理的接触を最大限に避け、感染リスクへの健康の懸念をいかに解消するかを検討することにあります。提携はただちに開始し、パイロット事業はこの夏に始動予定です。

デンバー国際空港(DEN)のCEOキム・デイ氏(Kim Day)は次のように述べました。「空港の利用スタイルは、旅行者に 旅の安全・安心と手続きのスピーディ・効率化への信頼を伝えられるように根本的に変わらざるを得ません。Daonとの提携の目標は、旅行の未来を形作り、乗客や従業員が安心して空港を移動するのに必要なツールを提供することです」

Daon社CEOトム・グリッセン氏(Tom Grissen)は次のように述べました。「この困難な時期に、先見の明のある空港は技術革新によりアフターコロナの世界での旅行のハイテク化、安心強化を進めています。このミッションでデンバー国際空港(DEN)と提携し、密接に協力することにより旅行プロセスに大きな安心・信頼と健康面での懸念を解消する策を組み込み、一層“安心でシームレスな旅行体験”を提供できることを誇りに思います」

このパートナーシップのもとで、Daon社は基礎技術プラットフォームを提供し、デンバー国際空港(DEN)は共同ソリューションを構築・運営する環境を提供します。今回対象とするソリューションでは以下の通りです。

●Glide(TM) (グライド)

空港の自動チェックイン機、自動ゲート、その他の場所で登録済みのアイデンティティを管理する迅速でユーザフレンドリーな生体認証ソリューションで、様々な利用方法が想定できます。例えば、セルフサービスの予約システムで、特定の時間帯に登録済みの乗客の入国を許可する事で、混雑を回避し、空港滞在中の物理的接触を最小限に抑えることが考えられます。

●Risk-based Health Mitigation (感染リスク軽減)

デジタル化された本人確認書類と健康証明書を受け取った個人が、自らのモバイル端末上に表示した証明書を非接触リーダーなどにかざすことにより健康状態を確認できるようにするソリューション。

●Touchless Retail (タッチレス・リテール)

旅行者が事前登録済みの本人確認書類・情報をモバイル機器を使ってデンバー国際空港(DEN)の数多くの店舗や飲食店で、スピーディ・且つ簡単に非接触(タッチレス)で注文、支払を行うソリューション。

Daon社のIdentityX(R)プラットフォームは、グローバル規模の主要金融機関や保険、eコマース、通信事業者に携わる革新的企業が使用しています。このプラットフォームは生体認証や顧客の業務フローに柔軟に対応できるアーキテクチャーとして設計されており、厳格なコンプライアンス要件も満たしながら同時になりすましの不正行為を削減します。

空港では、この技術は旅行者が本人確認情報を、スマホ使って提示し、場面に応じて求められる、身分証明書、搭乗券、クレジットカードを持ち運び、探し、提示し、再びバッグの戻す必要がなく、唯一スマホが全てこなします。このモデルは旅行者にはスピーディ、簡単、便利をもたらし、旅行者の満足度と空港への信頼度を高め、空港には効率化を提供し、旅行者の個人情報のプライバシーやセキュリティの保護を著しく高めます。

「DaonのIdentityX(R)生体認証プラットフォームは『タッチレス』な空港利用の基盤を構築し、旅行者と従業員の安心と安全、信頼、そして利便性を最大限に高めます。このアプローチを私たちはデンバー国際空港(DEN)の利用客、従業員、デンバー・コミュニティの皆様に、安心・安全・便利の『安心配当』を提供できると確信しています」とグリッセン氏(Tom Grissen)は付け加えました。

■米国アリゾナ州デンバー国際空港(Denver International Airport, DEN)について

デンバー国際空港(DEN)はアメリカの中でも5番目に利用客の多い空港です。毎年乗客6,500万人が利用することから、世界最大の航空市場でも利用者数で上位に数えられます。DENはコロラド州の主な経済原動力として年間330億ドルを地域に生み出しています。

詳細情報は http://www.FlyDenver.com に加え、YouTube、Instagram、Facebookに掲載されているほか、Twitterでもフォローできます。

■Daonについて

Daon( http://www.daon.com )は生体認証とアイデンティティ・プルーフ・ソリューション(Identity Proof Solution)を開発し、世界で展開しているイノベーター企業です。Daonは、生体認証と本人確認機能をマルチモーダル・マルチファクター・クロスチャネルで正確・安全・便利に組み合わせる方法を他社に先駆けて開発し、決済確認からデジタルバンキング、資産運用、保険、通信、さらには出入国管理や“シームレスな旅行”まで多方面にわたる大規模な導入実績を有します。DaonのIdentityX(R)プラットフォームは包括的で信頼できるデジタルセキュリティ体験を提供することにより、ユーザアイデンティティの構築、認証、回復を実現し、企業があらゆる媒体で消費者と完全な信頼性のもとで取引できるようにしています。詳細情報は、Twitter、Facebook、LinkedInでご確認ください。

【一般の方向け連絡先】

Daon Japan K.K

代表取締役社長 中村英紀 Nakamura, Hideki

MAIL  : Hideki.Nakamura@Daon.com

携帯電話: 090-8742-9866