エンタメ,  旅行・レジャー

KNT-CTホールディングス・KNT-CTパートナーズ会四国連合会・愛媛県・愛媛県自然保護協会と「KNT-CTえひめの生物多様性保全」パートナーズ協定締結

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区 社長:米田 昭正)とKNT-CTパートナーズ会四国連合会(会長:大木 正治)は、令和2年3月25日、愛媛県および愛媛県自然保護協会と、えひめの生物多様性の保全および地域との交流を進め、SDGs(持続可能な開発目標)に資することを目的とし、「KNT-CTえひめの生物多様性保全」パートナーズ協定を締結し、同日愛媛県庁にて締結式を行いましたので、お知らせします。

 

締結式の様子(左から)森田愛媛県自然保護協会会長 八矢愛媛県副知事  瓜生KNT-CTホールディングス取締役 大木KNT-CTパートナーズ会四国連合会会長締結式の様子(左から)森田愛媛県自然保護協会会長 八矢愛媛県副知事  瓜生KNT-CTホールディングス取締役 大木KNT-CTパートナーズ会四国連合会会長

この協定において、愛媛県自然保護協会の持つ環境教育やコンテンツのノウハウを活かし、KNT-CTホールディングスでは、愛媛県の生物多様性保全に関する知識を深めるための人材育成事業を実施し、そこで学び得たことを「旅」を通じてお客様に発信すると同時に、地元と協力しながら「旅」を作り上げていきます。KNT-CTパートナーズ会はその宿泊や交通、飲食、体験メニューなどを提供します。愛媛県はこれらに協力し、情報発信などで全体の調整を行います。

連携する事業内容と具体的な取り組み
①商品企画担当者の現地視察
②地域イベントへの参加
③愛媛県生物多様性の勉強会
④エコツアー、フォトツアーなどテーマ性の高いツアーの設定 ⇒例)「石鎚の生物多様性エコツアー」企画
⑤「旅」の付加価値を高める体験プログラムや新素材開発
⑥修学旅行や企業の研修旅行提案のための視察や研修会

出席者のコメント

<愛媛県 中村時広知事(代理:八矢 拓副知事)>
愛媛県では市町や民間事業者と共同で「石鎚山系生物多様性保全推進協議会」を立ち上げ、生態系の保護に向けた調査や人材育成など各種施策を展開する中、本協定締結は大変心強い。自然環境保護と地域経済活性化の好循環の創出につなげたい。

<愛媛県自然保護協会 森田昌敏会長>
今回の協定をきっかけに、愛媛の自然を舞台したツアーの造成に対して情報提供やツアーガイドの派遣などを行っていく。これらを通して自然保護の大切さを理解いただき、生物多様性の保全につなげていきたい。

<KNT-CTホールディングス株式会社社長 米田 昭正(代理:同取締役 瓜生 修一)>
当社では、地域の「宝」を発掘・開発し、お客様に価値ある旅をお届けしており、「自然」は外せないコンテンツ。協定を通じて愛媛県の自然について学びを深め、旅を通じてその保全についても発信していきたい。

<KNT-CTパートナーズ会四国連合会会長 大木 正治>
愛媛県の自然をこれからテーマごとに推進していきながら、より素晴らしいものに育ちますよう橋渡しをさせていただいた。現在はこのような自然環境であるが今後の愛媛県観光にとって良きものとなるようKNT-CTパートナーズ会としては、地元でしっかり支援していく。