エンタメ,  ビジネス,  旅行・レジャー,  社会・政治・経済,  経営情報,  趣味・娯楽

最後の「トロバス」保存に向けたクラウドファンディングを開始

「解体を待つ奇跡の1台「トロバス」を保存して守りたい!」

長野県大町市では、READYFOR株式会社(本社:東京都千代田区)が運営する自治体向けクラウドファンディング「READYFOR ふるさと納税」にて、2018年秋に運行営業を終了した、「トロバス」最後の1台の市内保存設置を目的としたプロジェクトを3月10日(火)より開始します。

関電トンネルトロリーバス

■「トロバス」について

長野県大町市は、世界的な山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の長野県側の玄関口であり、中でも代表的な観光地である黒部ダムは、年間およそ100万人もの観光客の皆様に訪れていただいております。その黒部ダムと大町市(扇沢駅)を、2018年までの54年間つないでいたのが、「関電トンネルトロリーバス」(通称「トロバス」)でした。

■解体を目前に残された「奇跡の1台」

車体の劣化などの理由から、2019年から電気バスに移行することで、惜しまれつつも運行営業終了となった「トロバス」。大町市では保存を検討するも費用面から断念、車両はすべて解体することとなりました。しかし、ファンの方の保存交渉を受けた解体業者の方々の判断により、奇跡的に「最後の1台」が残されていたことが発覚しました。

■ファンの思いや歴史・誇りを載せて保存設置へ

今回のクラウドファンディングは、All or Nothing型(目標金額である180万円に届かなければプロジェクトは実施しない)で行います。プロジェクトが成立した場合、大町市では「トロバス」を市内に保存し、子ども達の教育や観光資源として最大限活用してまいります。

【プロジェクト概要】

「解体を待つ奇跡の1台「トロバス」を保存して守りたい!」

・実行者     : 長野県大町市長 牛越 徹(うしこし とおる)

・目標金額    : 180万円

・形式      : ふるさと納税/All or Nothing型

          ※目標金額に達した場合のみ、資金の受け取りが可能。

・公開期間    : 2020年3月10日(火)~4月30日(木)23時

・資金使途    : 車両の買取費用・大町市までの輸送費用

・プロジェクトURL: https://readyfor.jp/projects/torobus-omachi

・支援金額    : 5千円、1万円、3万円、5万円コース

          (金額に応じた返礼品あり)