その他ファッション,  その他ライフスタイル,  ビューティ,  ファッション,  ライフスタイル,  美容・化粧品

変わりつつある日本の豊胸術……今後の豊胸事情

顔の整形手術をはじめ、ここ十数年ほどで美容クリニックの施術は、日本女性にとって身近なものになってきました。堂々と整形をしたことをSNSで公表する女性もいるほどです。
もちろん豊胸術も同様で、多くの女性が美容クリニックでバストの悩みを解決しています。しかし、豊胸術を受ける人が増えるにしたがい、トラブルも明るみになってきました。術式の問題、ドクターの技術、使用する成分など、問題は多岐にわたります。
トラブルが起きているのは、ほんの一部のクリニックではありますが、何が問題だったのかは、他のクリニックも一緒になって考える必要があるでしょう。そして、より安全な方法、トラブルを招かない施術を提供するのが、私たち美容クリニックの努めでもあると思っています。
今回は、豊胸術でトラブルが起きる原因と解決策、そして今後の豊胸術の展望について、医師の立場からお話しします。

たびたび問題になる豊胸術とその理由

院長:南 晴洋

京都第二赤十字病院形成外科勤務、大手美容外科院長を経て1997年 南クリニック開業。